オリックス銀行カードローンでお金を借りたい方は、審査を受ける前に各種情報を確認しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの審査

早い審査が魅力です

オリックス銀行カードローンの審査は来店不要のネット申し込みで受けられ、ローンのイメージにあるような窓口に足を運んであれこれと書類を提出したりといった、面倒な手続きは必要ありません。

もちろんオリックス銀行カードローンでも本人確認書類や、希望額が300万円以上となれば所得を照明する書類が必要となるなどの条件は定められていますが、窓口で提出をするのではなく、オンライン上での画像送信で提出可能なので手軽なのです。

それでいて限度額は最高800万円、金利は年3.0%~17.8%の消費者金融よりも優れた商品内容となっていますので、安心して借りられるカードローンとなります。

  • 担保も保証人も不要のカードローン

オリックス銀行カードローンは個人の消費を目的としており、オリックス・クレジット株式会社か、新生フィナンシャル株式会社のどちらかが審査結果によって保証をするため、担保や保証人は不要の商品となっています。

保証を受けるためには安定した収入が必須となりますが、年収の制限等は設けられていません。アルバイトやパートの方でも、毎月の安定した収入があれば何れかの保証が受けられる可能性があります。

最短即日回答で早い審査

申し込みは慎重に

オリックス銀行カードローンの審査時間は、最短で即日回答となっています。早い回答が期待出来ますが、申し込みや審査内容によっては申し込みから2~3営業日程度、またはそれ以上の日数がかかる場合がありますので、あくまで最短で終わった場合には即日だと考えておいて下さい。

また、申し込み内容の不備やミスがあると、審査には余計な時間がかかります。確認に手間取るためであり、本来であれば早くに終わったはずのオリックス銀行カードローンの審査も、入力内容に間違いがあると日数を要してしまう可能性があるのです。無駄な時間をかけないためにも、なるべくミスが無いようにしっかりと確認して申し込みを進めましょう。

  • オリックス銀行カードローンを利用するためには

オリックス銀行カードローンの返済は、期日に一定の金額を入金するのが利用上のルールですので、返済できる能力を有していることが最低条件です。そのため、他の業者に対しての返済が多くなるほど審査に通る可能性は低くなりますが、他社の借り入れがある方でも、おまとめの一本化としての利用も可能です。収入や他社の利用状況次第では、オリックス銀行カードローンへの借り換えで利用出来るケースもあるのです。

基本情報とよくある質問

第00位

オリックス銀行カードローン

提携ATMでの利用手数料は夜でも土日でも終日無料の、お得な低金利カードローンです。

年利借入限度額審査時間所得証明
3.0%~17.8%最高800万円最短即日300万円まで不要
オリックス銀行カードローンは、提携ATMでの利用手数料が無料な点も大きなメリットです。全国のコンビニや銀行に設置の提携ATMで、曜日も時間も問わずに手数料をかけずにカードを使って借り入れや返済が行えます。利用手数料は一度あたりの負担は小さいとしても、トータルで見ると大きなコストとなってしまいますので、無料で使えるのは利用者にとっては嬉しいサービスと言えるのです。
オリックス銀行カードローン
公式サイトで詳細を見る

ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば、24時間メンテナンス時間を除いて振り込み融資も可能となります。契約後の利用とはなりますが、素早い借り入れにも対応をしています。

申し込みをした後はどうすればいい?
借りるまでの流れは?
ネットでの申し込み後、仮審査通過であれば必要書類のオンライン上での提出、契約書類やカードが郵送されます。申し込み内容との相違点などがなければ、受け取ったカードでATMを使ってお金が借りられます。その間に在籍確認の電話も行われますが、オリックス銀行の担当者個人名での連絡となるのでご安心下さい。
▼申し込みから契約までの流れ
アルバイトでも借りられる?
銀行なら専業主婦でも使える?
アルバイトやパートの方でも、安定した収入があれば申し込み自体は出来ますが、銀行のカードローンであるために審査通過は難しくなっています。また、本人に安定した収入を持たない専業主婦の方は、オリックス銀行カードローンの利用はできません。
借りたお金を返済に使える?
他社返済のために借りられる?
申し込み時点で他社の返済が遅れていたり、不足による入金を繰り返している状況では、審査には通らないと言えます。十分な返済能力を有する方が融資を受けられますので、既に返済が出来ていない方は申し込みを控えた方が良いでしょう。ただ、現状の返済が出来ていて、借り換えローンやおまとめローンとしての利用であれば、借りられる可能性はあります。

オリックス銀行カードローンは年収の制限を設けているわけではないので、安定した収入があればアルバイトの方でも利用対象とはなります。しかし、申し込みが出来ても審査に通らないと意味がなく、オリックス銀行カードローンではアルバイトの方の審査通過は難しいので、現実的には利用は厳しいと考えてください。

正社員として長年に渡って勤めている、公務員として安定した所得を得ているなどの方であれば、審査に通過できる可能性も十分にあります。

おまとめや借り換えにも適する
おまとめや借り換えにも使えます

借り入れ限度額は最高800万円、金利は年利で3.0%~17.8%と、高い限度額と低水準の金利を誇るのがオリックス銀行カードローンの魅力です。低金利での高限度額は、銀行だからこそ実現できると言えるでしょう。

それでいて、銀行のカードローンではあるもののネットでの24時間対応の申し込み、来店不要の契約手続きで、一部の金融機関からの借り入れのように窓口まで行く必要もありません。やはりカードローンの利用はなるべく周りには知られたくないものですので、来店不要で契約まで進められるオリックス銀行カードローンは、安心して借りられる点で人気となっているのです。

  • おまとめローンにも向いている

複数の借り入れをひとつにまとめることを目的として申し込むおまとめローンは、限度額が大きく、そして金利はより低く借り換えが出来た方がお得になります。オリックス銀行カードローンなら、まさにこの二つの条件を叶えられるわけです。業界最低水準の金利で利息の負担を減らし、計画的な返済を可能とするのです。

  • 複数の借り入れは利息負担が増える

複数のカードローンを抱えていると、当然ですが利息の負担はかなりのものになります。返済生活をより安定させ、借金の総額を減らすためには、おまとめローンは適した手段と言えます。

  • 好条件ながらも最短即日回答の審査

高い限度額と低い金利、フリーでの借り入れもおまとめや借り換えにも使えると、とにかく用途の広いオリックス銀行カードローンは、消費者向けのローンとして注目を集めています。

300万円まで所得証明が不要

申し込みにあたっての大きな利点となるのが、所得証明提出の有無です。消費者金融では最低ラインとして50万円以上や他社との借り入れが100万円を超える場合に必要となりますが、オリックス銀行カードローンにおいては300万円まで不要なのです。

消費者金融の場合には貸金業法によって決められているため、どうしても規定のラインでは所得証明が必ず必要となります。しかし、オリックス銀行カードローンは文字通りに銀行ですので、貸金業法で定める所得証明の提出ラインの影響を受けません。

借り入れ先 金利
実質年率
利用
限度額
審査時間
(目安)
所得証明の有無
オリックス銀行
カードローン
年利
3.0%~17.8%
最高
800万円
最短
即日回答
希望額300万円まで
原則提出不要
プロミス 実質年率
4.5%~17.8%
1万円~
500万円
最短
30分回答
50万円まで
原則提出不要

プロミスの所得証明は、他社との借り入れ額が100万円を超える場合には、50万円以下の融資枠でも提出が必要となります。また、オリックス銀行カードローンもプロミスも、審査結果によっては金額を問わずに収入を証明する書類の提出が必要となる場合があります。

申し込みから契約までの流れ

オリックス銀行カードローンの申し込みと契約は来店不要で行え、手続きはWeb上で進められます。ローンカードは審査完了後にオリックス銀行側から郵送がされますが、申し込み者側は書類の郵送などはしなくて良いので手間はかかりません。

申し込み後から契約に必要な手続きについては多くはメールで伝えられ、以下のように進めることとなります。全ての手続きで不備や確認事項があれば電話が入りますので、申し込み内容はなるべくミスが無いように入力してください。

  • (1)申し込み受付・確認

オリックス銀行カードローンの申し込みを行うと、フォームに入力をしたメールアドレス宛に受付と確認のメールが届きます。登録メールアドレスの確認も兼ねており、Eメールアドレス確認用URLが書かれているのでクリックやタップをして確認を済ませてください。ここでメールアドレスの確認ができていないと、審査結果の連絡が電話や書類となってしまいます(審査結果によっては電話での連絡の可能性もあります)。

  • (2)仮審査完了の連絡

最短即日となるオリックス銀行カードローンの仮審査が完了すると、仮審査完了の案内メールが届きます。仮審査はあくまで申し込み内容から審査を行うに留まり、本人確認などが済んでいない状態となるため、完了後は契約に向けた在籍確認などを含めた確認が行われます。在籍確認は勤務先に本人宛に電話が入りますが、オリックス銀行名は伏せた個人名での連絡となるため、周りの方にカードローンの在籍確認とは分からないようにしてくれます。

  • (3)必要書類の提出

仮審査完了後は、(2)に加えて必要書類の提出を行います。書類の提出はWeb上で行えるようになっており、提出が必要な書類の確認用URLと、Web上での書類のアップロード手順を説明するページのURL、そして必要書類のアップロードURLが記載されているメールが届きます。それぞれを確認し、スマートフォンやデジカメ、スキャナーなどで画像化した必要書類をアップロード用URLから送信をすれば完了です。
※必要書類の詳細についてはオリックス銀行カードローンの公式サイトでご確認ください。

  • (4)必要書類のアップロード受付

必要書類のWeb上でのアップロードを行うと、受付完了のメールが届きます。この時点では書類の不備などは確認できていないため、画像化した書類が不鮮明であったり、書類が足りないなどがあると後ほど再提出や追加での書類の用意などの連絡が入る場合があります。また、書類の提出が遅れると確認もそれだけ遅くなり、カードローンの利用開始も遅くなってしまうため、なるべく早めにミスや不備なく書類を提出するようにしてください。

  • (5)手続き完了とカードローンの利用

それぞれの手続きが全て完了すると、手元に届くローンカードの利用開始日についてのメールが届きます。ローンカードは早い段階で郵送がされますが、借り入れは「お手続き完了のご案内」が届き次第となるため、上記の必要書類の提出が遅れてしまったり不備が重なってしまったりすると、カードは手元にあっても借りられない状況が長引きます。なるべく早い借り入れを実現するためにも、不備がないようにしなければなりません。

「お手続き完了のご案内」が届くと、全国に設置の提携ATMで利用手数料が無料で借り入れも返済も行えるようになりますので、利用条件をしっかりと確認をし、計画的にカードローンの利用を行ってください。

また、全ての手続きで不明点があれば、分からないまま進めるのではなくメールに記載がされているカードデスクに問い合わせてください。ミスや不備があればそれだけ審査も契約も借り入れも遅れてしまうので、よく確認をしながら各手続きを進めることも重要なポイントとなります。

カードデスクに問い合わせる際には、各メールに記載の「お問い合わせ番号」があると話が早いです。分からない部分は素早く解決をし、無駄のない手続きを進めてください。

オリックス銀行カードローンの利用条件

年齢条件 申し込み時に満20歳以上65歳以下
収入条件 原則として安定した毎月の所得がある
居住条件 日本国内に在住している
(外国籍の方は欄外参照)
保証条件 審査の結果、オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること

外国籍の方は、永住者か特別永住者の方に限ります。詳しくはオリックス銀行カードローン公式サイトでご確認ください。

オリックス銀行カードローンの金利一覧

コース 限度額 金利(年)
100万円未満 100万円未満 12.0%~
17.8%
100万円 100万円 9.0%~
14.8%
150万円 100万円超150万円以下
200万円 150万円超200万円以下 6.0%~
12.8%
300万円 200万円超300万円以下
400万円 300万円超400万円以下 4.5%~
8.8%
500万円 400万円超500万円以下
600万円 500万円超600万円以下 3.5%~
5.8%
700万円 600万円超700万円以下
800万円 700万円超800万円以下 3.0%~
4.8%

オリックス銀行カードローンでは、限度額ごとに金利が決まっています。コースに対応する金利の幅から、審査の結果によって適用される利率が決まります。

オリックス銀行カードローンの返済金額

借り入れ残高 返済金額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

毎月の返済以外にも、任意による随時の返済も可能です。上乗せをしての入金は元金分にあたるため、翌月以降の利息負担が軽くなります。

オリックス銀行カードローンのポイント

オリックス銀行カードローンの金利は限度額によって決まるようになっています。そのため、仮に10万円しか借りないとしても、限度額を10万円とするよりも大きな枠で契約をした方が、低い金利で借りられるようになります。

限度額が大きいからと無駄遣いをして借り入れを重ねてしまっては意味がありませんが、必要最低限のカードローンの利用に留められるのであれば、大きな限度額で契約をした方がオリックス銀行カードローンでは有利な条件で借りられます。

  • 返済額は借り入れ残高で変わってくる

限度額が大きいとしても、借り入れ金額を少なくすれば毎月の返済金額も小さく抑えられます。オリックス銀行カードローンの返済金額は借り入れ残高によって変わりますので、仮に限度額が800万円であるとしても、30万円以下の借り入れなら毎月の返済は7,000円からで良いのです。

どのように返済負担を減らすか

カードローンの借り入れ先を選ぶ際には、返済の負担を重視する方も多いです。ただ、返済の負担を減らしたいと考えても具体的にどのようにしたいかについては、あまり明確にはせずに決めている方も多いです。

返済の負担を軽くするとなると、まず真っ先に思い浮かぶのが金利を抑えた借り入れです。ただ、低金利での借り入れは最終的な利息負担が軽くなりますが、毎月の返済の面で見ると必ずしも負担が少ない、小さいとは言えません。

金利が低ければ当然ながら発生する利息は減るのですが、利息が減っても決められている毎月の返済金額が多い場合には、最終的な返済の負担は抑えられても毎月の返済負担は大きくなってしまいます。

例えば、金利が年3.0%~17.8%のオリックス銀行カードローンでは30万円以下の借り入れ残高であれば7,000円からの返済となっていますが、年4.0%~14.5%とオリックス銀行カードローンよりも上限金利が低い三井住友銀行カードローンでは、50万円以下の借り入れで10,000円からの返済となります。

借り入れ金額が大きくなると一回あたりの返済金額も三井住友銀行カードローンの方が負担が小さくなりますが、あまり大きな金額での借り入れでは無い場合には、オリックス銀行カードローンの方が返済金額は少なく済みます。

ただ、繰り返しになりますが金利が高い分だけ最終的な利息の支払いは多くなるので、「返済を軽くしたい」と漠然とした目的を持って借りるのであれば、月々の返済を軽くするのか最終的な返済を軽くするのか、明確に目的を定めると良いでしょう。

オリックス銀行カードローンも三井住友銀行カードローンも、返済金額は借り入れ残高によって変動します。オリックス銀行の返済金額は上記の表で、三井住友銀行の返済金額は三井住友銀行カードローンの利用条件でご確認ください。

  • 返済金額だけなら消費者金融も選択肢に入る

金利ではなく毎月の返済金額をとにかく少なくしたい、少しの金額ずつしか返済ができないといった方であれば、プロミスをはじめとする消費者金融も場合によっては選択肢に入ります。プロミスでは5万円以下の借り入れで2,000円、10万円以下の借り入れで4,000円と、少しずつしか返済ができない方でも少額であれば利用ができます。

余裕があるなら積極的な返済を

最終的な支払い総額を抑える借り方を進めるのであれば、毎月の返済を工夫してみると良いでしょう。月々の最低返済額だけの入金をするのではなく、お金に余裕があれば上乗せをしての任意での返済を進めるのです。

通常、カードローンの返済金額はその間に発生した利息と元金分が含まれているため、入金額が全て元金の返済に回るわけではありません。利息を差し引いて残った金額が元金分となり、最低返済額だけでは利息分で取られてしまうために思うように返済が進みません。

10,000円の返済で利息が3,000円とすれば7,000円しか元金分の返済ができていないことになりますが、例えばお金に余裕があるときに20,000円で返済をしたとすれば、上乗せをした10,000円が全て元金分となるために同じ利息で17,000円が元金への返済になります。

元金を多く減らしておけば今後の利息の金額も少なくなって行くので、積極的な返済を進めることによって最終的な返済総額も減らせます。余計な利息を払いたくないのであれば、お金に余裕があるなら任意での返済を少しでも進めておくべきなのです。

  • 利息は借り入れの残高で計算される

返済時に支払う利息は、契約をしている限度額ではなく借り入れの残高から計算されます。残高が50万円のときと10万円のときでは発生する利息は大きく変わり、毎月の入金額に対する利息の負担も小さくなります。

借り入れ残高と30日間での利息

借り入れ残高 金利(年) 利息金額
50万円 17.8% 7,315円
40万円 17.8% 5,852円
30万円 17.8% 4,389円
20万円 17.8% 2,926円
10万円 17.8% 1,463円

参考値となります。詳しくはオリックス銀行カードローンの公式サイトでご確認ください。

オリックス銀行カードローンでは30万円以下の借り入れ残高で7,000円からの返済となっていますが、30万円の借り入れ時に7,000円の返済で利息分が4,389円となるため、元金分の返済が進みません。

しかし、そこで頑張って返済を進めて元金を減らしていくと、20万円まで借り入れ残高が減れば利息は30日間で2,926円となり、同じ7,000円の返済でも元金分にあたる金額が増えます。入金額から元金分にあたる金額が増えればそれだけ返済が進みやすくなり、完済が近付きます。

カードローンの返済はいつまでも利息を払っているだけではどうにもならないので、いかにして元金を減らすかが重要となります。効率よくオリックス銀行カードローンの返済を進めていくためにも、余裕があるときには任意での返済を進めておくと良いでしょう。

臨時収入が入ったときやお金が余ったときなどは、余ったからと言って余計なことに使うのではなく、借り入れがある状態であれば余剰資金は返済に回しておくと今後のためにもなります。

返済を知って借りるようにする

どこのカードローンを利用するにしても同じですが、お金を借りるのであれば返済を知っておかなければなりません。お金に困ってしまうと後先を考えずに借りてしまう方もいますが、しっかりとした計画を立ててから借りないと後悔をするのは自分自身となります。

思っていた以上に返済の負担が大きかった、思うように元金が減っていかないなどはよくある悩みですが、何れも借り入れ前に返済に関してしっかりと考えておけば起こり得ない失敗例と言えます。

金利が何%でどの程度の期間で借りると利息はいくらになるのかを知ってからカードローンの利用を行えば、いざ返済となってもトラブルさえ起きなければ問題はありません。

突然の出費が重なるなどして一時的に計画が崩れてしまう可能性はありますが、それでもしっかりとコールセンターに連絡をしておけば、どのようにすべきかの相談に乗ってくれます。

継続して返済が厳しくなるなどの無計画な借り方さえしなければ、来店不要で契約まで進められるオリックス銀行カードローンは便利で役立つサービスとなります。大きな金額での契約となれば金利負担も抑えられるので、他社からの借り換えなども含めて計画的な利用で借り入れを考えてみるのも良いでしょう。

  • 返済に余裕を持てるような計画を

毎月の収入や支出からギリギリの返済計画としてしまうと、少しでも出費が増えると返済に困る可能性があります。何らかの出費があったときのためにも返済の計画には余裕を持たせておき、出費が無ければ余ったお金で任意の返済を進めておくようにすれば、毎月の返済も無理なく進められるようになります。

利用条件を知って申し込む

オリックス銀行カードローンを計画的に利用するのであれば、しっかりと各条件について理解をしておく必要があります。上記のそれぞれとオリックス銀行カードローンの公式サイト上で利用条件を確認し、無駄のない申し込みを進めてください。

トップへ戻る